シロアリ対策を依頼する~シロアリ駆除は新築時に対策しておこう~

sp_main

シロアリの被害がもたらす家の症状を把握しておこう

家にこんな症状が見られたらシロアリの可能性大!

シロアリは住宅の柱や土台などに住み着き、木材を食べることによって成長を行なっていきます。住宅においてある新聞紙や段ボールなども餌として捕食するため、一度住み着いてしまうと住宅の設備に悪影響を発生させる可能性が高いです。

シロアリ被害
シロアリが発生した状態で放置しているとどうなりますか?
シロアリが住み着いた住宅は基礎部分がボロボロになってしまい、修繕や建物の建築などに多くの費用を消費してしまうので注意しましょう。シロアリの繁殖を防ぐには、自宅の中を細かく確認してシロアリ駆除を依頼するのが一番です。

新築を建てる時にできるシロアリ対策

シロアリが侵入しにくい家のポイント

新築を建てる時に気になるのが、シロアリによる被害ではないでしょうか。せっかくのマイホームをシロアリに食い荒らされてしまっては大変です。これから新築を建てるのであれば、シロアリが侵入しにくいように工夫すると良いかもしれません。どんな家だとシロアリが侵入しにくいのか見てみましょう。

玄関の下の部分が土壌や木部と離れている
自宅の玄関はシロアリが侵入しやすい部分であり、玄関のすぐ下に土壌や木部があるとシロアリが住み着いてしまう可能性が高くなります。工事などによって玄関と土壌の距離を離しておけば、簡単にシロアリが侵入することはありません。
基礎が高い
シロアリは湿気があって暖かい場所に住み着く習性を持っており、住宅の風通しが悪いとシロアリの繁殖を促してしまいます。そのため住宅建築などを行なう際は住宅の高さを上げることで風通しを良くし、シロアリの住みにくい住宅を維持しましょう。
断熱材の種類
住宅に使用されている断熱材はシロアリに食べられてしまう可能性があるため、断熱材を利用する際は薬剤を含んでいる製品を選ぶのがベストです。またシロアリに食べられない断熱材を利用すれば、シロアリによる住宅への悪影響を最小限に抑えることができます。

シロアリ駆除や予防を業者に依頼したらいくらかかる?

シロアリ駆除を行なう専門業者が多く登場してきた現在では、坪単価6500円から9500円程度で対策を行なうことが可能です。一般的なサイズの住宅で薬剤を散布する際は、12万円から30万円の費用が必要になります。しかし依頼するシロアリ駆除業者によって作業費用は異なるので、事前に見積もりを依頼しておくのが安心です。

害虫駆除業者

シロアリ駆除費用相場は工法で変わる

ベイト工法の場合
ベイト工法は薬剤を利用せずにシロアリを駆除することができる方法であるため、どの住宅でも安全に使用することが可能です。しかし施工費用は薬剤工法よりも高く、15坪の住宅で実施するとなると16万円から18万円の費用が必要になってしまいます。またメンテナンスにも毎年3万円程の費用が必要になるため、施工を実施する際は事前にメンテナンス費用などを確認しておく必要があります。
薬剤工法の場合
薬剤を散布して行なうシロアリ対策は手頃な料金で依頼することができるため、最近では多くの住宅が薬剤散布を利用するようになってきました。坪単価は5000円から6000円であるため、広大な大きさの住宅でも手頃な料金で施工を依頼することができます。一度薬剤工法を実施した後にベイト工法を実施することも可能です。
  • 作業員

    シロアリ110番

    身近な場所で発生しているかも?シロアリ駆除を依頼して家を守りませんか?こちらなら確実な施工方法で駆除してくれるので頼りになりますよ。
Back To Top